土地・建物の売買|愛知県の半田市にある登記と測量の沢田事務所では、司法書士として土地家屋調査士として、土地や建物などの登記を行っている合同事務所です。

土地・建物の売買

  • HOME
  • 土地・建物の売買

土地・建物を売買する

土地や建物を売買する場合、所有権移転登記が行われますが、登記手続には所有権移転だけでなく抵当権抹消・設定、住所変更などの手続も発生する場合があり、複雑です。

早めに司法書士など専門家に相談することをお勧めします。
私たち沢田事務所では取引前の測量から登記完了に至るまで、登記の合同事務所としてトータルサポートが可能です。一度、お気軽にご相談くだざい。

土地(建物)を売りたい場合に必要な書類

  • 売主(売られる方)の必要書類
  • ■権利証(登記識別情報)
    ■印鑑証明書(登記申請日において3ヶ月以内のもの)
    ■ご実印
    ■身分証明書(運転免許証など)
  • 以上が売主様にてご準備いただく書類等となります。なお、住所氏名変更登記や抵当権等の担保権抹消登記が必要となる場合には、以下の書類もあわせて必要となります。

    ■住所氏名変更登記が必要な場合→住民票(戸籍の附票)、戸籍謄本
    ■売却する不動産に担保権が付いている場合→担保権抹消書類一式

    担保権抹消書類は、決済終了後にローン返済先の金融機関から交付されますので、その書類をお受け取りいただき、司法書士に渡していただくことになります。

土地(建物)を買いたい場合に必要な書類

  • 買主(買われる方)の必要書類※
  • 【住宅ローンを利用される場合】
    ■住民票
    ■印鑑証明書(登記申請日において3ヶ月以内のもの)
    ■ご印鑑(認印または実印)
    ■身分証明書(運転免許証など)
  • なお、住民票と印鑑証明書は、通常、住宅ローンのご契約時に金融機関に提出されたものを利用いたしますので、別途ご準備いただく必要はありません。
    ※買主様の必要書類は、住宅ローンを利用されるか否かにより異なります。
  • 【現金で購入される場合】
    ■住民票
    ■ご印鑑(認印)
    ■身分証明書(運転免許証など)

建売物件を買いたい方

建売物件を購入した際は、建物の物理的な状況および所有者の住所・氏名などの項目を登記簿に明らかにする登記を行います。

この登記をすることによって、対象不動産の登記簿が初めて作成されます。

住宅ローンや融資を利用した事により建物に抵当権等の担保を付ける場合には、必ず金融機関からこの建物表題登記と所有権保存登記をする様に求められます。

所有権保存や抵当権設定登記についても、私たち沢田事務所は土地家屋調査士・司法書士業務を行う合同事務所なので一括受注する事も可能で、コストや納期の面でもご納得頂ける仕事ができるかと思いますので、お気軽にご相談ください。

建物表題登記の必要書類(お客様が施工会社から頂く書類)

  • 建築確認申請書、確認済証
  • 2点セット、通常一緒に綴られております。
  • 工事完了引渡証明書、施工会社代表者の資格証明書、施工会社代表者の印鑑証明書
  • 3点セット、資格証明書とは、法人代表者が記載されている会社登記簿の抄本です。
  • 検査済証
  • 完了検査を受けられている場合は御用意下さい。
  • 工事請負契約書
  • 工事代金領収書
  • 工事代金の一部でも結構です。

    上記5点の書類の内、最低でも2点の書類がお客様の所有権を証明する書類として必要です。通常は、確認済証+引渡証明書もしくは確認済証+検査済証の場合が多いです。

その他場合によって必要な書類

  • 御自身で用意して頂く書類
  • 住民票お客様の住所を証明する書類。
  • その他場合によって必要な書類
  • 【申請人の印鑑証明書、上申書】
    申請人が複数になる場合は必要になります。

    【譲渡証明書】
    建売(分譲)住宅の場合必要になります。

    【相続証明書】
    相続が発生している場合相続人を特定するため必要になります。

    【固定資産税評価証明書】
    建物建築後1年以上経過している場合、御用意願います。

    【不在籍不在住証明書】
    確認通知書に記載されている住所氏名と申請人の住所氏名に相違がある場合必要になります。

マンションを買いたい方

マンションを購入して代金を支払った後、登記をしていなければ、売り主が第三者にそのマンションを売った場合、マンションは第三者のものとなります。

売り主に対して損害賠償を請求できますが、善意の第三者に対しては対抗できません。

また、ローンの担保として抵当権が設定されていることも、記録されていなければ、貸借関係が誰にもわからなくなってしまいます。不動産の権利については、登記は非常に大切で、また手続きも複雑で難解になる場合が多々ありますので、まずは私たち専門家に一度ご相談ください。

所有権に関る登記の種類

  • 所有権移転登記
  • 売買等により所有権が移転した場合。マンションを売買した場合。
  • 所有権保存登記
  • 建物を新しく建築した場合、または未登記の建物を購入した場合。未登記の新築マンションを購入した場合。
  • 抵当権設定登記
  • 不動産を金銭貸借の担保とした場合。マンションを担保としてローンを組んだ場合。
沢田事務所

名鉄河和線 住吉駅南へ

〒475-0911
愛知県半田市星崎町3丁目39番地の12

TEL:0569-23-6377メールでのお問い合わせ

  • 費用について
  • 事務所案内
  • よくあるご質問
  • 新着情報